外壁塗装のポイント|板橋周辺で外壁塗装・防水工事を依頼するなら【株式会社國吉建想】

外壁塗装のポイント

使用する塗料について

外壁塗装の塗料には様々な種類がありますが、ここでは代表的な塗料をご紹介いたします。

ウレタン塗料 耐用年数:7~10年

ウレタン塗料は一般的な塗料として使用され、木製素材や塩化ビニール素材、鉄筋部分に適した塗料です。
塗装後の塗膜がやわらかいのでひび割れが起こりにくく、密着性、防汚性に優れ、作業もしやすいことから利便性の高い塗料です。
費用対効果ではシリコン塗料に及びませんが、光沢感が強いので木部に高級感を出したい方、安く塗装工事を済ませたい方などにおススメです。

シリコン塗料 耐用年数:10~15年

シリコン塗料は、迷ったらシリコン塗料を使用するべきと言われるほど一般的な塗料です。外壁や屋根などに多く使用される塗料です。
費用対効果がとても高く、アクリル塗料やウレタン塗料などに比べると耐久年数は約1.5倍ほどもあります。
防汚性、高耐熱性に優れているもの、光沢感が高くツヤのある仕上がりを期待できるものから豊富な色のバリエーションがあります。

フッ素塗料 耐用年数:15~20年

フッ素塗料は価格は高めですが耐久年数が15年から20年ととても長い塗料です。
価格の高さから一般住宅には普及していませんが、有名な建造物や航空宇宙産業機器にも使用されているほど優秀な塗料です。
紫外線などから建物を守る耐熱性、付着した汚れを雨などで洗い流せる親水性、カビや藻を作らせない防カビ性、防藻性などの効果があります。

外壁塗装の目安時期

危険度1
チョーキング現象
外壁を手で触った時に手が白くなった経験はありませんか?チョーキング現象はこの手に白い粉が付着する現象です。塗膜の表面が劣化して防水性が低下しているので、塗り替えを依頼しましょう。
危険度2
小さなひび割れ、カビ
チョーキング現象が出た外壁をそのままにしておくと塗膜の劣化はさらに進み、小さなひび割れやカビが発生する場合があります。ここまで進んでいるとすでに塗替えの時期です。塗替えとあわせて住宅内部に雨などが浸水していないか確認してもらいましょう。
危険度3
大きなひび割れ、
外壁の剥がれ
外壁に大きなひび割れや外壁が剥がれている場合はとても危険な状態です。住宅内部への浸水は免れないので、そのまま放置すれば大切な木材や鉄筋にさらにダメージが加わります。早急に外壁塗装を依頼しましょう。

外壁塗装におすすめの時期

外壁塗装では、1回の工事で下塗り・中塗り・上塗りという3回の塗装を行います。
それぞれの塗装の間には塗料をしっかりと乾燥させる必要があるので、雨や雪、湿度などを考慮して塗装を行います。
東京都では気候の安定している春先(3月~5月)や秋口(9月~10月)に塗り替えを行うことをお勧めします。

ページの先頭へ

外壁塗装のご依頼・ご相談はこちらから 090-2656-2502 090-2656-2502